moshimore Knowledge

アプリ開発・紹介とメモ書き、日々の日記。

Clova Friends mini ドラえもんを購入しました!

f:id:moshimore:20180711004217j:plain
Google Home、Amazon echoなど、ぞくぞくとスマートスピーカーが立ち並ぶ中で、LINEのClovaを購入しました!
この手の商品、CMみたいに動作するわけもなく、まだまだ音声認識に課題があるんだろうなと思っていたけれども、ドラえもんのスピーカーが登場したとなると買わずにはいられませんでした。

セットアップ

発売日の午前中に楽天で注文して、翌日には到着。早速Bluetoothなどの接続とファームウェアの自動アップデートを行ってから、いろいろ話してみました。
(アップデート後のバージョンは、0.6.6.00でした。)

ドラえもんとお話し

まずは、公式にもあるようなセリフを試してみました。
ドラえもん型のスピーカーではあるけれど、中身はClovaなので話しかけの最初は、Clova相手になります。

私「ねえ Clova」「ドラえもんに代わって!」
Clova「では、ドラえもんを呼びますね。」
ドラえもん「ぼくドラえもんです。君と話せてうれしいよ。」

という流れで、ドラえもんと話せるようになります。
clova.line.me

どのくらいのセリフが登録されているのか気になるところです。

セリフ

食べ物

私「どら焼き」
ドラえもん「どら焼きは、僕の大好物なんだ。でも、甘過ぎちゃ駄目。味にはこだわりがあるんだ。」

ひみつ道具

私「タイムマシーン」
ドラえもん「テッテテー!タイムマシーン。これは、過去や未来に自由に行き来くことができる乗り物なんだ。のび太君の机の引き出しの中にあるんだよ。」

私「タケコプター」
ドラえもん「テッテテー!タケコプター。これを体に取り付けると、自由に空を飛び回ることができるんだよ。」

私「どこでもドア」
ドラえもん「テッテテー!どこでもドアー。このドアを開けるだけで、行きたいところへ、どこへでも行くことができるんだよ。」

私「もしもボックス」
ドラえもん「テッテテー!もしもボックス。「もしも、こんなことがあったら。」とボックスの中の電話に話すと本当のその通りの世界になるんだよ。」」

私「空気砲」
ドラえもん「テッテテー!空気砲。これは凄い力の空気の塊を発射することができる道具なんだ。」

私「四次元ポケット」
ドラえもん「四次元ポケットは僕のお腹に付いてるポケットだよ。四次元空間に繋がっていて、ここにいろんな秘密道具を入れてるんだ。」

私「ウソ800」
ドラえもん「テッテテー!ウソ800。これを飲んでしゃべると、しゃべったことが全部ウソになるんだ。」

私「お腹がすいた」
ドラえもん「グルメテーブルかけがあれば、どんな料理でもすぐに出せるよ。」

仲間

私「のび太」
ドラえもん「のび太君は、僕の大親友だよ。勉強も運動も苦手だけど、他人や自然を思いやる心を持った優しい男の子だよ。」

私「スネ夫」
ドラえもん「スネ夫君は、家がお金持ちで、いつも自慢してるんだ。手先が器用で、いろんな趣味を持ってるんだよ。」

私「ジャイアン」
ドラえもん「ガキ大将のジャイアンは、乱暴者だけど、友情に厚くて、見方になってくれるときは、とっても頼りになるんだ。」

私「キテレツ」
ドラえもん「発明好きの小学生の名前だったかな。」

その他

私「ネズミ」
ドラえもん「ネズミだってー。どこに隠れてるのー?こうなったら、地球破壊爆弾をー。」

私「疲れた」
ドラえもん「大丈夫?どら焼きでも食べて元気だして!」

今日は何の日?は別でまとめたいと思います。
https://knowledge.moshimore.jp/entry/clova_friends_mini_doraemon_todayknowledge.moshimore.jp