moshimore Knowledge

アプリ開発・紹介とメモ書き、日々の日記。

Hyper-Vの無効化と有効化の仕方について

f:id:moshimore:20180911112457p:plain
Windows Phoneアプリを開発する際、どうしてもWindows Phoneエミュレータが必要になりますが、それには、Hyper-Vを有効にする必要があります。

しかし、有効にすると、Androidのエミュレータを動かすためのHAXMが動かせなくなるので、今度は、Hyper-Vを無効にする必要があります。
この有効と無効を、コマンドプロンプトで以下のコマンドで、簡単に切り替えることができます。

Hyper-Vの無効化

bcdedit /set hypervisorlaunchtype off

Hyper-Vの有効化

bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto

尚、実行には、管理者権限が必要かつ、Windowsの再起動が必要になります。

こちらのサイトでは、バッチファイルを作って、スタートメニューのタイルから切り替えできるようにしてました。
Windowsスマートチューニング(301) Win 7/8/8.1編: Hyper-VとVMwareを共存させる | マイナビニュース

無効化のバッチファイル

@echo off
bcdedit /set hypervisorlaunchtype off
shutdown /r /t 0

有効化のバッチファイル

@echo off
bcdedit /set hypervisorlaunchtype auto
shutdown /r /t 0

よく使うような場合は、バッチファイルにしてしまった方が簡単で良いですね!

以上、Hyper-Vの無効化と有効化の仕方についてでした。