moshimore Knowledge

アプリ開発・紹介とメモ書き、日々の日記。

さくらインターネットVPS+KUSANAGI環境でXDebug+VSCodeでPHPをデバッグする方法について

f:id:moshimore:20180710165922j:plain
たまたま、さくらインターネットVPS+KUSANAGI環境でXDebugをインストールすることになりましたが、似たような環境でしたら同じように使えると思います。

サーバー環境

さくらインターネットのVPSにKUSANAGIをインストールした環境になります。
KUSANAGIは、WordPressを高速に動作させるための仮想マシンでWordPressの実行時間3ミリ秒台、秒間1000リクエストをページキャッシュ非使用で実現する実行環境です。

OS:CentOS 7
WEB:nginx
PHP:PHP 7.3

XDebugのインストール

とりあえず、そもそもXDebugがインストール済みでないか確認します。
grepで何も表示されなかったら、未インストール状態です。

php7 -m | grep xdebug

PECLのサイトでXDebugダウンロードします。
サイトに移動したら、右上にある「Search for」というところに「XDebug」と入力して検索します。
検索結果(Search results)にXDebugが上がってくるはずなので、それを開きます。

今回は、ベータ版の「2.7.0beta1」を利用することにしました。
ダウンロードして解凍、インストールします。

wget https://pecl.php.net/get/xdebug-2.7.0beta1.tgz
tar xfvz xdebug-2.7.0beta1.tgz
cd xdebug-2.7.0beta1/
/usr/local/php7/bin/phpize
./configure --with-php-config=/usr/local/php7/bin/php-config
make && make install
echo 'zend_extension = xdebug.so' > /etc/php7.d/extensions/xdebug.ini

インストールできたことを確認します。

php7 -m | grep xdebug

設定を足していきます。

zend_extension = xdebug.so

xdebug.default_enable = 1
xdebug.remote_autostart = 1
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_connect_back = 1

あとは、KUSANAGIを再起動してあげれば準備完了です。

kusanagi restart

VSCodeの設定

VSCodeの設定方法は、色々なサイトで紹介されているので簡単に説明します。

  1. 拡張機能で「PHP Debug」を検索してインストール、有効化します。
  2. デバッグを開いて、ギアのアイコンをクリックします。
  3. pathMappingsの項目を追加します。

よく、serverSourceRootとlocalSourceRootを追加するように書かれていることが多いですが、deprecatedになっているので代わりにpathMappingsを使います。
以下のようなイメージです。

"pathMappings": {
    "サーバーのディレクトリ": "開発環境のディレクトリ"
}

ルーターの設定

ローカル環境でデバッグするわけではないので、このままだとルーターで弾かれてしまいます。
標準だと9000番ポートで通信しますので、このポートを開発環境に向けてあげます。

f:id:moshimore:20181215165126p:plainf:id:moshimore:20181215165157p:plain

デバッグ

デバッグ方法も色々なサイトで紹介されているので割愛します。

以上、さくらインターネットVPS+KUSANAGI環境でXDebug+VSCodeでPHPをデバッグする方法についてでした。