moshimore Knowledge

アプリ開発・紹介とメモ書き、日々の日記。

長年使ってきたスイッチングハブが熱々になって故障したので分解してみました!

f:id:moshimore:20190113131641j:plain
テレビからnasneに録画していた動画を見ていると、ときどき再生が中断されることがありました。
エラーメッセージには、ネットワークから切断された旨が表示されます。
頻繁ではなかったので、ずっと放置していたのですが遂に原因が判明しました。

スイッチングハブが熱い

テレビかnasneのどちらかの調子が悪いのだろうと思って、どちらを再起動しても改善はありませんでした。
残るは、配線の裏の方に配置してあるハブです。
普段は通信できている訳だし、これが原因ってことはないだろうな。と思って手にしてみると、熱々になっていました!

本体はプラスチック製なので少し温かいくらいでしたが、マグネット部分と周りの金属が持てないくらい熱くなっていました。
発火でもしたら大惨事なので、すぐさま電源コードを抜きました。

BUFFALO LSW2-GT-8NPR Giga対応スイッチングHub RoHS対応

BUFFALO LSW2-GT-8NPR Giga対応スイッチングHub RoHS対応

寿命を迎えたスイッチングハブ

このハブですが、購入から10年以上過ぎていて、毎日頑張っていて寿命を迎えてしまったのでしょう。
煙は出ませんでしたが、中が焦げていないか分解してみることにしました。

f:id:moshimore:20190113132856j:plainf:id:moshimore:20190113133016j:plain

ネジは1本だけ

外側のケースを外すためのネジは1本だけです。
これを抜いた後は四方で止められているツメをマイナスドライバーで押し込んであげれば、簡単にケースを外すことができました。

f:id:moshimore:20190113133533j:plainf:id:moshimore:20190113133537j:plain

中は綺麗

ファンレス仕様なので、埃が潜り込むこともないので内部は綺麗な様子でした。

発熱していたのは、黄色い部品のあるトランス付近です。
きっと、このトランス側の基板が故障しているだけで、ハブ側の基板は正常に動作できるのだと思います。

電源コードを繋ぐ付近の基板が部分が他と比べて茶色く焦げているようにも見えるのが気になりますが…。

f:id:moshimore:20190113134221j:plainf:id:moshimore:20190113134224j:plain

新しいスイッチングハブに交換

さて、このハブはもう怖くて使えないので、新しいハブを注文しました。
何にしようか迷いましたが、評価も高く、価格もお手頃だったので、今回も同じくバッファロー製のハブを注文しました。
また10年くらい持ってくれれば大満足です。

nasneもハードディスクが故障することなく、ずっと動き続けてくれたらありがたいです。

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

nasne 1TBモデル (CUHJ-15004)

以上、長年使ってきたスイッチングハブが熱々になって故障したので分解してみました!でした。