頭痛の発症を予測するアプリ「頭痛予測マップ」をリリースしました!

この度、気圧の変動情報を元にして頭痛発症の予測をお知らせするアプリ「頭痛予測マップ」をリリースしました。

日本の頭痛患者は、4000万人と推定されており、健康を脅かす重要な疾患の1つとされています。

その中でも片頭痛の有病率は840万人にのぼり、健康寿命を短縮する疾患の19位に位置付けられています。

低気圧頭痛

雨の日に頭が痛くなる症状のことを低気圧頭痛と言われ、低気圧が自律神経に影響して頭痛を発症させるそうです。

このアプリでは、そんな低気圧の変動情報を元にして頭痛発症の予測を行い、マップ表示します。

ウィジェット機能

わざわざアプリを起動しなくても、ウィジェットでリアルタイムに予測をお知らせします。

ウィジェットに表示する予測情報は、地域と予測する時間を設定するだけで簡単に行えます。

ダウンロード

頭痛予測マップは、Google Playストアから無料でダウンロードできます。
是非、以下のダウンロードページからご利用ください。

ダウンロード

Clova版もリリース

LINE Clovaでも頭痛予測を調べることができます。

LINE Clova スキル版 頭痛予測をリリースしました!

以上、低気圧の変動情報を元にして頭痛発症の予測を行うAndroidアプリ「頭痛予測マップ」をリリースしました!でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。