moshimore Knowledge

アプリ開発・紹介とメモ書き、日々の日記。

Clova Extensions Kitでスキルを開発してみよう!

f:id:moshimore:20180714004929j:plain

LINE Developersに登録したら、Clovaを選択してスキルチャネルを作成し、どんどん開発へ進みましょう。
仕方がないことですが、開発者名やプロバイダ名、チャネル名など同じ名前が並んでしまうのが気になるところです。

何を作るか

先日リリースしたAndroidアプリ「頭痛予測マップ」のClova版を作ってみたいと思います。
ユーザーからの入力は、都道府県と日付の情報なので、丁度良い材料になりそうです。

基本設定

タイプのところは、今のところカスタムしか選べないそうです。

音楽、ゲームなど、基本的な会話にもとづいたスキルを提供するためには、カスタムExtensionを選択してください。今後、IoTデバイス制御サービスのためのClova Home Extensionや、カスタマーサービスのためのChatBot Extensionが追加される予定です。

Extension ID

リバースドメインの表記で入力とのこと。Androidアプリなどでもドメイン名を逆向きにしたあれです。

スキル名

このスキル名は、審査通過後にスキルストアに表示されるので、公開されても構わない名前にしましょう。

呼び出し名

この呼び出し名は審査対象になっていて、よく考えなくてはいけません。他とだぶらない分かりやすい名前を付けたいものです。

日本語解析

左側のメニューにあるビルトインスロットタイプから必要なスロット(今回は、CLOVA.DATETIMEとCLOVA.JP_ADDRESS_KEN)を追加した後、カスタムインテントを作成します。
サンプル発言リストで想定される発言を登録し、ビルド(3~5分かかる)すれば、本当に簡単に日本語解析してくれました!
公開されているSDKにPHP版はなかったのですが、CakePHPでなんとか使えるようになりました。
f:id:moshimore:20180714001859p:plain

用語集はこちら
knowledge.moshimore.jp